友好的M&Aのベストアドバイザー IRI M&Aコンサルティング株式会社IRI M&A コンサルティング

M&Aのことならお気軽にご相談ください。0120-123-514

M&Aのメリット・デメリット

M&Aについて「買手企業」「売手企業」それぞれの「メリット」・「デメリット」をご説明いたします。

M&Aのメリット

≪買手企業のメリット≫

買手企業は、コストをかけずに事業規模を拡大していけたり、今まで参入できていなかった市場に参入することができたりと会社を大きくしていく上では非常に多くのメリットがあります。


1、事業規模拡大

M&Aを行うことによって、売手企業の既存経営資源を活用することが可能になるので、買手企業は事業規模拡大を図ることができます。


2、新規事業への参入

新規事業には基本的にリスクがついてまわるものですが、既にその事業領域で実績を上げている企業を買収すれば、新規事業へのリスクを軽減できます。一気に多岐にわたる事業展開を行えるのです。


3、技術力の向上

買手企業はM&Aで売手企業の持つ技術を優れた取り込むことで、自社の資本力、営業力などを活用しながら更なる収益を上げることが可能になります。

≪売手企業のメリット≫

売手企業は、買手企業の信用力を基に資金繰りがやりやすくなったり、また創業者は潤沢な資金を手に入れることができたりと「資金」という面において大きなメリットがあります。


1、資金調達力の向上

買手企業の信用力が高い場合M&Aをし、買手企業の子会社になることで金融機関または買手企業からの資金調達がしやすくなります。


2、創業者利潤の確保

M&Aにより会社を売却することで売り手企業の創業者は事業の現金化を行うことができ、それが投資資本額を上回る場合には創業者利潤を得ることができます。

M&Aのデメリット

≪買手企業のデメリット≫

M&Aは会社を成長させていく手段の一つとしてメリットも多くありますが、その反面デメリットがあるのも事実です。


1、売手企業との融合

買手側は、M&Aすることによって売り手企業の従業員も抱えることになるので、今まで培ってきた社風や従業員の待遇を上手く融合するのが難しいところです。ここの配慮を怠ると、社内の雰囲気が悪くなってしまいます。


2、事業計画通りに進まない

事業計画書を練り、経営をしている企業は多いですが、元々、別々の2つの会社を事業計画通りに動かすのは至難の業です。
M&Aを行った後に、事業計画書を見直し対策を立てる必要があるでしょう。

≪売手企業のデメリット≫

1、買手企業との融合

こちらも買手企業と同じく、M&Aをした後に社風や従業員の待遇などの面で買手企業との融合が難しいところです。


2、経営者、労働条件の変更

M&Aを行うということは、従業員にとっては突然経営者や労働条件が変わることになるので、動揺する人も出てくるでしょう。従業員がどう思っているのかについては、気を配っておく必要があります。

  • M&Aとは?
  • 会社を買収するには?
  • 会社を売却するには?
  • 後継者への事業承継の方法
  • 株式交換・会社分割・合併
  • M&Aのメリット・デメリット
  • M&Aの流れ
  • M&Aの税務
  • よくあるご質問
  • 手数料について

M&Aに関する無料相談受付中 メールでのお問い合わせはこちらから

M&Aに関する無料相談受付中

簡易価格査定システム

沖縄のM&A

M&A案件検索ページ

M&A案件情報

  • M&A案件情報
  • M&A購入希望情報

M&Aデータベース

  • M&Aニュース
  • M&A用語集

I&R総合会計事務所

TCPC

株式会社イリオス

株式会社総合施設管理

商業マーケティングシステム株式会社

お気軽にお問合せ下さい

メールでのお問い合わせはこちら
PAGE TOP
Copyright © IRI M&A Consulting Co.,Ltd. All rights