友好的M&Aのベストアドバイザー IRI M&Aコンサルティング株式会社IRI M&A コンサルティング

M&Aのことならお気軽にご相談ください。0120-123-514

株式交換・会社分割・合併

株式交換によるM&A

既存の会社が他社の株式の100%を取得し、完全親会社となる場合を「株式交換」と呼びます。
方法としては、例えばX社がY社を100%支配したいと考える場合、Y社の株主達からY社株を全て受け取り、対価としてX社の株を交付します。これによりY社の株主はX社の株主となり、Y社は株式交換によってX社の完全子会社に、X社はY社の完全親会社になります。


株式交換によるM&Aでは、買収企業(上記ではX社)は現金がなくても他社を買収することが出来ます。ただし買収企業が非上場会社のときは、売手企業のオーナー(株主)は非上場会社の株式を受け取ることとなるため、現金化が難しくなるケースもあります。
また株式交換によるM&Aでは、売手企業のオーナー(株主)に買収企業の株式を割り当てるので、買収企業の経営にも参画されることになります。これをデメリットと捉える買収企業もあるのではないでしょうか。


買収企業が上場会社である場合は、株価が変動するというリスクがあります。そのため、買収企業の株価の状況によっては、現金による買収額と比べて譲渡金額が上乗せされることもあるようです。

株式移転・会社分割・合併によるM&A

新設の会社が既存会社の株式の100%を取得し、完全親会社となる場合を「株式移転」と呼びます。
方法としては、例えばX社とY社を共に100%支配したいと考える場合、Zホールディングスという持株会社を新設し、X社とY社の株主達からそれぞれの株式を全て受け取り、Zホールティングス株を交付します。この場合X社とY社は株式移転完全子会社、Zホールディングスを株式移転完全親会社と呼ばれます。
「会社分割」とは、会社を複数の法人格に分割し、それぞれに組織や事業を引き継がせるM&A手法のことを言います。会社分割を行えば、負債の多い事業や収益があがらない事業を成長している事業から切り離して、企業の競争力の向上を図ることができます。

「会社合併」とは、複数の組織が1つの組織になることをいいます。会社合併を行えば、数が増えすぎたことにより事業の重複や競合が発生している子会社を統合して、経営のスピード化・スリム化を図ることができます。

この様にM&Aには様々な手法がありますので、お悩みの際はぜひIRI M&A コンサルティングまでご連絡ください。

  • M&Aとは?
  • 会社を買収するには?
  • 会社を売却するには?
  • 後継者への事業承継の方法
  • 株式交換・会社分割・合併
  • M&Aのメリット・デメリット
  • M&Aの流れ
  • M&Aの税務
  • よくあるご質問
  • 手数料について

M&Aに関する無料相談受付中 メールでのお問い合わせはこちらから

M&Aに関する無料相談受付中

簡易価格査定システム

沖縄のM&A

M&A案件検索ページ

M&A案件情報

  • M&A案件情報
  • M&A購入希望情報

M&Aデータベース

  • M&Aニュース
  • M&A用語集

I&R総合会計事務所

TCPC

株式会社イリオス

株式会社総合施設管理

お気軽にお問合せ下さい

メールでのお問い合わせはこちら
PAGE TOP
Copyright © IRI M&A Consulting Co.,Ltd. All rights